キャッシングを使って贅沢をするのはどうなのか

キャッシングって人が簡単に一時的な資金を用意することができるようにされている
サービスですよね。これはみんなが知っている事実でしょう。
だけど、そういった金貸しのサービスを使って贅沢をするのって、どうなんですかね。
最近私の知り合いにキャッシングを生まれて初めてしたと言っていた人がいるんですけど、

どうも自分が贅沢をしたいがためにお金を消費者金融に融資してもらったんでそうです。
皆さんは彼が何にお金を使ったと思いますか?

答えは、高級ブランド品です。高級ブランド品は普通は女性が買うものなんですけど、
最近では男性の中にもそういった品物を購入する人が増えているんだそうです。

わざわざ銀行と提携している消費者金融からお金を貸してもらって、
その借りたお金を高級品、贅沢に使っているのですから、ちょっと驚きましたよ。
どうせ来月になったら給料で返済しなければいけないのに、

どうして彼はそういった贅沢をしてしまうのでしょうか。私には理解不能でした。
あと1ヶ月で売り切れになってしまうとか、期間限定発売とかなら少しは分かりますけど、
何の限定も付いていない商品のために、わざわざキャッシングするのはどうなのかな。

もちろん彼に私は何の意見もしていません。あくまでも私の内なる心の意見ですから。
今回のキャッシングが原因で借金が返済できないような境遇になってしまったとしても、

私にとってはあくまでも他人事です。

融資のお申し込み

次はその決めたキャッシングサイトに融資のお申し込みをしてください。
融資のお申し込みといっても、審査のお申し込みですので、そんなに緊張する必要はありません。

お申し込みの際には、個人情報などのものをキャッシング業者の入力フォームにて記載する必要があると思います。
こういった情報はキャッシングサイトの審査の材料として全て使われますので、
嘘のないように真実のみを書いてくださいね。

もしもここの嘘の情報を少しでも書いてしまうと、一気に信用がなくなります。
どういうことかというと、必ずそれらの情報はバレてしまうからなんです。

キャッシング業者は、お客様が嘘の情報を記載しているかどうかを
毎回のようにしっかりと確認しています。

信用情報機関というものを皆さんはご存知でしょうか?
この機関には、皆さんの借り入れの状況や、個人情報などがたんまり詰まっているんです。

ここで実際に借り入れを申し込んだお客様の情報を照会するわけなんですよね。
ですので、キャッシング業者はお客様の嘘は全て見通せる立場にあります。

審査に無事通ることができれば、晴れて即日融資の場合はすぐにお金を口座に
振り込んでもらうことができます。
あ、その前に本人確認があるんですけどね。

借り入れとキャッシング

人からお金を借り入れて、自分の都合に合わせて支出をする。
これは本来のお金の使い道でもあります。
人からお金を借りること、それは基本的にしてはいけないこと、
それでも人はお金を借りて何かの商品を購入します。

借り入れ額と収支を考えたキャッシング・・・絶対に気をつけなければいけません。

こちらのサイトはワードプレスによって作られています。
更新が楽だからというのと、MTでは有料だからという理由がありますね。
気楽にこのサイト名の通りこれらに関連したことを書いていく予定です。

プロミスのおまとめローンについて、その仕組みをこちらでは紹介していきます。
ちなみに、おまとめローンについてはインターネットからのお申し込みは受け付けていませんので、ご注意ください。

複数抱えているローンを、1つにまとめることによって、
毎月の返済金額や返済回数を軽減させることが可能となっています。

例えば、A社から50万円、B社から30万円、C社から100万円を借り入れていたとしたら、
プロミスのおまとめローンを活用することによって、
借り入れ金額の総額180万円を、それぞれの利率より比較的安く借りたということにすることができるんです。

つまり、ABCの平均利率が20%だとしても、プロミスならそれらをまとめて15%程度にさせることができます。

お申し込みの流れとしては、プロミスの店頭窓口でお申し込みをして、
慎重な審査をし、その場で審査の結果をお伝えしています。

その後に、契約をする場合には代フリというサービスにて融資をさせていただきます。
お借り入れ先にプロミスがお客様の名前で代行してお振込みをしてくれます。
もちろん手数料は取りません。

こういったプロミスのおまとめローンは、多重債務者には非常に便利なものとなっています。

次はキャッシング一連の流れについて紹介していきます。

まずはキャッシング業者の公式サイトへ行きます。

次にその業者の貸付条件などをよく見て検討してください。

そしたらキャッシングのお申し込みをするために、専用のページへ行きましょう。

お客様情報を入力したら、送信を押してください。

プロミスの審査はスピード審査ですので、すぐに回答がきます。

審査に合格すれば、無事お金を借り入れることができるようになります。
審査に落ちてしまった場合には、残念ながら融資を受けることができません。

審査に関連していることは別のページにて書いていますので、
そちらを参考にしてください。

もしくわ、プロミスのサポートをご利用ください。

消費者金融に来店するの超めんどくさい

消費者金融に来店するのが超めんどくさい、って人いませんか?

ぶっちゃけ私もそうなんですけど、本当に面倒ですよね。

車で行くにしてもガソリン代がかかりまし、それでなおかつキャッシングの審査に通過できなかったら最悪ですからね。

お金を借りたいのに貸してもらえず、さらにガソリン代まで無駄になる。

ちょっとケチくさいかもしれませんけど、そりゃ愚痴を言いたくもなりますよ。

だって消費者金融って明らかに審査に時間かけすぎですもん。

下手をすると銀行とかクレジットカード会社よりも時間かかってますよ?

普通はそんなことないんでしょうけど、私の周りにはそういった会社しかないです。

仕方ないので私はこれを機会に、インターネットでキャッシングできる機能を利用するこにしました。

しかしこれがまた便利でヤバイです。だって店頭まで行く必要ないんですからね。

お金を借りるためだけに車を動かす必要もありませんし、

パソコンの前で簡単な手続きを行うだけでいいので最高でしたね。

私みたいに、消費者金融にまで行ってお金を借りるのが面倒だと思う人には最適です。

あ、あとケチくさい人にもオススメかも?w

キャッシングサイトは一体どういった審査をしているのか

「10秒で迅速に審査を施します。」

「最短3秒で審査を致します。」

最近ってホントにこういった形のスピード審査を売りにしているキャッシングサイトが

多くなってきていますよね。

一体どういった方法で審査をしているのかが全く持って分かりませんね。

ということでちょちょっと調べてきたんですけど、どうにも自動化をしているらしいです。

キャッシングの審査に本来かかる時間を大幅に短縮していたのは、

この自動化した仕組みのおかげだったんです。

それでは、一体どのような形でキャッシングの審査が行われているのかを

こちらのサイトで明かしていきましょう。

一般的に用いられるものが、スコアリングの方法です。

メジャーなキャッシングサイトでは基本的にこういった方法が用いられていて、

お金を借りに来た人の個人情報から、実際に融資をするのかどうかを決めるそうです。

年収が○○○万円以上あれば何ポイント、住居が○○なら何ポイント、

これまでに金融事故の経験があるならマイナス何ポイント、何歳なら何ポイント、

こういった形で、お客様に点数をつけて、キャッシングをさせるかを考察しているみたいです。

債務と借金とローンと

キャッシングって借金ですよね。
キャッシングのほかにも、ローンという呼び方があります。
借金にも、債務という法律用語がありますよね。

これらの単語は、全てが同じような意味とも言えるし、
全くもって別の意味を持っているとも言えるのではないでしょうか?

ローンを組むのは、キャッシングをするのと同等のものです。
それを忘れないために私はこのサイトを作ってみました。

利率の違いと限度額

キャッシングをさせてくれる金融会社を厳選して選ぶときには、

誰しもまずはキャッシングの利率を目安にすると思います。
できるだけ金利や利息の値段を下げて、得をしたいものですからね。
で、その金利・利息についてなんですけど、実は大金を借りるほど利率が下がるって知っていましたか?

仮に100万円を融資される人と、10万円を融資される人とがいたとしたら、
絶対に100万円の額のお金を借りた人のほうがキャッシングの利率が低いんです。
びっくりではありませんか?

私は個人的にビックリなんですけど、これは一体どうしてなのでしょうか?
知り合いの消費者金融マンに聞いてみることにしました。

「消費者金融側からしたら、できるだけ信頼できる人間に大金を貸したほうがリスクが
逆に少なくなるし、儲かりやすくもなる。」

「でも世の中にはそんなに一気にお金を借りてくれる人なんていないし、
ましてや信頼できるかどうかを判断しなければならない。」

「だから、キャッシングの返済をきちんとしてきた前歴のある人には、
大金を普通に貸してくれる金融会社は多いと思う。」

だそうです。勉強になりますね。

キャッシングVSクレジットカード

消費者金融でキャッシングという名の個人的な融資を受けるか、
それとも、クレジットカードを発行してショッピングがてら使用するのか。

最近ではこの2つの方法でお金を借りることができますよね。
クレジットカードは確かに便利ですけど、あくまでもショッピングに活用するための
ものですので、このカードを使ってキャッシングをするくらいなら、
初めからキャッシングのサービスによくあるカードローンを利用したほうがいいでしょう。

カードローンは消費者金融の店頭まで行かなくても、ATMで引きおろすことができます。
駅とかにある無人契約機とかでもokらしいですよ。
しかし、いちいちお金を引き下ろすというのもそれはそれで面倒くさいです。

手間を考えるとクレジットカードの方がオススメですが、
頻繁に買い物をしないのであればカードローンのキャッシングで問題ないでしょう。
ただ、私個人的には消費者金融で発行するカードの方が好きですね。
ま、私はきっと審査に通貨することができませんので、関係ない話なんですけどね。

そうそう、こういった金融関連のサービスを受けるときは、
しっかりと借り入れ額、収支などを考慮して計画的に借りないとダメですよ。

債務や借金、キャッシングはいけないことなの?

あなたは親になって子供ができたら、その子供に借金についてどう教えますか?

一概に借金はダメ、キャッシングはダメ、そう教えるのか、それとも、
債務を背負った人間は必ず返済をする義務がある、と教えるのか、
もしくはこれらとは逆に、合理的に使えるのであれば借金はしても良い、
キャッシングは使い方によってはとても便利なものとなる、と教えるのか。

どちらの形式で子供に教えていきますか?

ごく稀に、大雑把なのか知りませんけど、借りれるものは借りておけ!

もらえるもんはもらっておけ!みたいな借金や債務を推奨する人がいますけど、
そういった教育をするとろくな大人になりませんので、やめてください。

最終的に迷惑が掛かってくるのは、親のあなたでもありますからね。
債務・借金・キャッシング、他にもローンというものがありますよね。

果たしてこれらのものは一概に悪いことと言えるのでしょうか?
私にはどうにもそうは思えません。

確かに、所詮はキャッシングです。なかなか感情的になってしまうと思いますけど、
正直な話、いざという時に使うのであれば問題ないと思いますよ。

今ここで一時金を用意できれば、のちの大金になるようなことってあると思いますから。

キャッシングの利息について説明します。

キャッシングの利息とは、お金を貸してくれたお礼に代金を支払うようなものでして、
この利息のおかげで業者は運営をしていくことができるようになっています。

利息・利率・金利、これらの3つの言葉を聞いたことはありませんか?
これらのものはすべて同じような意味を持っています。

利息は、返済時に元本といっしょにプラスしてお金を支払うもののこと、
利率は、利息がどのくらいになるのかを計るためのもの、
金利は、利息と同じような意味を持っています。

キャッシングの際には原則としてこの利息を支払うことになっていますので、
返済時には元本だけを返さないように注意してくださいね。

最近ではホントにキャッシングという言葉を耳にする機会が増えてきましたけど、
一体どうしてそんなにもキャッシングがいいのか皆さんはご存知でしょうか?

やはり、インターネットの普及によってかなりの利便性を手に入れたことが強みだからでしょうね。
現在では、インターネット環境さえ整っていれば誰でも簡単に自宅にいながらWEBキャッシングをすることができる時代です。

そのため、それぞれのキャッシング業者はこぞってインターネットキャッシングができることをアピールしているんですよね。

テレビコマーシャルなどでも宣伝しているように、とっても便利なキャッシングはお客様に大人気なんです。
ですので売れます。売れれば売れるほど大手の銀行系キャッシングサイトはより宣伝をしてくれます。

おかげさまで、現在ではキャッシングと言えばインターネットで簡単に取引を行えるようなものだという認識が非常に世間一般では強くなったのではないでしょうか?

キャッシングがどうしていいのか、皆さんに好かれているのか、
それは、自宅にいながらでも即日で融資をしてもらうことができるからだと私は思います。

自宅にいながらですので、昔のようにわざわざ店頭に出向いてまで借り入れようとしなくてすむようになりましたよね。
昔だったら、わざわざ店頭まで出向いたのに融資してもらうことができなかった、
わざわざ店頭まで出向いたのにあんまり借り入れることができなかった、
こういった問題を抱えることはなくなりました。

インターネットキャッシングは数秒で審査、即日融資が当たり前のものですから、
圧倒的に無駄手間が省けるようになったんですよね。

キャッシングサイトAの審査を受けて、もし落ちてしまったとしても、
わずか数秒の間の出来事ですので、さっさと次のキャッシングサイトへ行けばいいだけの話なんです。

銀行系のキャッシングサイトで合格できなければ、次は消費者金融系にでも行けばいいだけの話なんです。

ですから、WEBキャッシングは全国のお金で困っている人たちに人気が出てくるのは当たり前です。

私もお金困った日が出てきたら、WEBキャッシングは活用してみたいと思っていますね。
とはいえ、そんな機会があるかどうかは分かりませんが。

さて、こちらではどうしてキャッシングWEBキャッシングがいいのかについて記事を書いてみました。
最後に簡単にまとめておくと、とにかく便利、楽ちん、無駄がない、ということになるかと思います。

有名どころのキャッシング

今回は、なんにも思いつきませんでしたので、有名どころのキャッシングサイトの紹介をしていきたいと思います。
基本的には知っている人が多くて大々的に宣伝をしている金融会社さんですね。
1つめのキャッシング業者はプロミスです。

プロミスは大手銀行系グループに所属していて、長年の培ってきた実績と資金があります。
金利については普通に良いくらいで、プロミス以外にももっと金利の低い会社は
ありますね。

ただ、ここの消費者金融はかなり本格的で豊富な会員向けのサービスを行っていますので、
とってもお得感があると思いますし、あんまり不自由することなくキャッシングを
することができるでしょう。

2つ目のキャッシング業者は、モビットです。
モビットもプロミスと同じように大手の消費者金融でして、大手の銀行がバックについています。そのため、貸付条件は非常によく、キャッシング業者の中ではトップクラスでしょう。

ほかにはノーロンだとか、レイクアコム、などの業者がありますね。
いずれもオススメですので、近くに店舗がある人はぜひ活用してみてください。

今ってたくさんお金を借りる方法がありますよね。
ふと気になったので、今回はお金を借りる方法について調べてみました。

まずは1つ目。キャッシングです。
有名ですけど、未成年の人はどういったものなのか知らないと思います。
それもそのはず、未成年者はキャッシングすることが許されませんからね。
キャッシングは消費者金融と呼ばれている金融機関から、個人へ向けてお金を貸してくれるものです。ですので、金利は高いですし、そのほかの貸付条件も悪いです。

2つ目は他人から借りることです。
当たり前ですけど、知人や友人を頼ってお金を貸してくださいとお願いします。
しかし、なかなか貸してしてくれる人は少ないでしょう。
相当な恩義があるか、それとも人徳があったりしないと個人間でのお金の貸し借りはなかなか実現できません。

3つ目は、銀行からお金を借りることです。
銀行でも、地方・大手で融資をしてくれるところがあります。
しかし、実際にはとても厳しい審査が準備されており、かなり厳しい網をかいくぐる必要があるでしょう。

以上、今日はお金を借りる方法について調べてみました。

なかなか勇気が踏み出せない

うわああキャッシングしたい。

欲しいゲームのためだけにキャッシングをしたい。とてつもなく高価なものを買いたい。

ゲームとは限りませんが、人はこういった物欲衝動に負けてキャッシングをするのだと思います。私もそんな人たちの一人なんです。

でも、実際にお金を貸してもらうとすると、寸前のところで手が止まってしまう、

そんな人も多いのではないでしょうか?

なんと私もその一人なんです。勇気が出せないというか、踏み出せないんですよね。

どうすれば思い切って消費者金融にキャッシングのお申し込みができるようになるのでしょうか。現在まだまだ検討中です。保留ということで・・・
私の周りの人間には、お金を借りたことのある人がいません。

キャッシングなどでの個人への融資・借金はもちろんのこと、

本当の意味で他人からお金を貸してもらうような人間はいないのです。

良い人ばかり、もしくは予め贅沢な家庭に生まれ育っているので、

他人からわざわざリスクのありそうな借金をする必要のない人しかいないのです。

私はとりあえずキャッシングをするのは我慢することにしました。

だって早々簡単に勇気って出せませんから・・・

皆さんはこういったお話をご存知でしょうか?
借金をしてしまい、返済能力に欠けていたある人は臓器を売って借金を返済した。

よくあるドラマなどのお話なんですけど、現代ではこんなことは普通はありません。
闇金融とかではどうなのか知りませんけど、日本の法律の手の届く範囲では
こういったことは違法行為とされていて、以前の大手キャッシングサイトのようになってしまいますね。

国から業務停止命令を受けてしまいますし、ニュースにもなりますので、
そのキャッシングサイトのブランドが終わってしまい、向こうは稼げなくなります。

しかし、だからといってキャッシングをしたのにもかかわらず、
返済してこないような人間を国は見逃すわけにはいきません。

ですので、キャッシング業者の行ってくる取り立ては基本的に荒くはないと思います。
自社のブランドにも関わってきますからね。

しかし、国家権力を使って強制的に返済させるようなえげつないことはします。
とはいっても、キャッシングをして返済しない人の口座を差し押さえしたり、
最悪の場合には裁判を起こしてキッチリと損害遅延金なども取ってきます。

ほかにも、返済が遅れると利率が上がったりしますので、
キャッシングをご利用の場合にはきちんと期日までに返済できるようにしてくださいね。

プロミスのWEBキャッシングサービスでは、店頭までわざわざ足を運ぶことなく、
当日で振込みが可能となっているご契約の方法なんです。

必要な書類をメールにてプロミスに送信していただき、
インターネット上で契約の内容を確認したあとに、当日振込みが可能となっています。

このWEBキャッシング契約の特徴としては、以下の3点が挙げられます。

・来店不要で契約ができる
・必要書類の提出がメールにて可能となっている
・当日に振込みが可能となっている

WEBキャッシングのお申し込みの方法については、パソコンやスマートフォンなどから
プロミスのキャッシングお申し込みをしていただく際に、契約方法の選択時にWEB契約を選択してくださいね。

キャッシングWEB契約の流れを簡単に説明すると、まずは必要書類をメールにて送付してもらいます。
次に、契約内容の確認をして、ご契約、お振込みなどをプロミスが手続きをします。

そして後日、キャッシングの契約書類やカードなどを郵送することになっています。