債務と借金とローンと

キャッシングって借金ですよね。
キャッシングのほかにも、ローンという呼び方があります。
借金にも、債務という法律用語がありますよね。

これらの単語は、全てが同じような意味とも言えるし、
全くもって別の意味を持っているとも言えるのではないでしょうか?

ローンを組むのは、キャッシングをするのと同等のものです。
それを忘れないために私はこのサイトを作ってみました。

利率の違いと限度額

キャッシングをさせてくれる金融会社を厳選して選ぶときには、

誰しもまずはキャッシングの利率を目安にすると思います。
できるだけ金利や利息の値段を下げて、得をしたいものですからね。
で、その金利・利息についてなんですけど、実は大金を借りるほど利率が下がるって

知っていましたか?

仮に100万円を融資される人と、10万円を融資される人とがいたとしたら、
絶対に100万円の額のお金を借りた人のほうがキャッシングの利率が低いんです。
びっくりではありませんか?

私は個人的にビックリなんですけど、これは一体どうしてなのでしょうか?
知り合いの消費者金融マンに聞いてみることにしました。

「消費者金融側からしたら、できるだけ信頼できる人間に大金を貸したほうがリスクが
逆に少なくなるし、儲かりやすくもなる。」

「でも世の中にはそんなに一気にお金を借りてくれる人なんていないし、
ましてや信頼できるかどうかを判断しなければならない。」

「だから、キャッシングの返済をきちんとしてきた前歴のある人には、
大金を普通に貸してくれる金融会社は多いと思う。」

だそうです。勉強になりますね。

キャッシングVSクレジットカード

消費者金融でキャッシングという名の個人的な融資を受けるか、
それとも、クレジットカードを発行してショッピングがてら使用するのか。

最近ではこの2つの方法でお金を借りることができますよね。
クレジットカードは確かに便利ですけど、あくまでもショッピングに活用するための
ものですので、このカードを使ってキャッシングをするくらいなら、
初めからキャッシングのサービスによくあるカードローンを利用したほうがいいでしょう。

カードローンは消費者金融の店頭まで行かなくても、ATMで引きおろすことができます。
駅とかにある無人契約機とかでもokらしいですよ。
しかし、いちいちお金を引き下ろすというのもそれはそれで面倒くさいです。

手間を考えるとクレジットカードの方がオススメですが、
頻繁に買い物をしないのであればカードローンのキャッシングで問題ないでしょう。
ただ、私個人的には消費者金融で発行するカードの方が好きですね。
ま、私はきっと審査に通貨することができませんので、関係ない話なんですけどね。

そうそう、こういった金融関連のサービスを受けるときは、
しっかりと借り入れ額、収支などを考慮して計画的に借りないとダメですよ。